メディアアラート:NetSpeed Systemsのマーケティング担当副社長Anush MohandassがLinley Autonomous Hardware Conferenceでプレゼンテーションを予定

  • 30th 3 2017

カリフォルニア州サンノゼ発(2017年3月30日)。NetSpeed Systems Inc.は本日、NetSpeedのマーケティング担当副社長Anush Mohandassが、2017年4月6日にカリフォルニア州サンタクララのハイアットリージェンシーホテルで開催されるLinley Autonomous Hardware Conferenceでプレゼンテーションを行う予定であると発表しました。

内容:Anush Mohandassは、Automotive SoC Designセッションで「Intelligent Interconnect for Autonomous Vehicle SoCs」についてプレゼンテーションを行います。このプレゼンテーションで、Mohandassは、異機種混在のCPUコア、クラスタ、ビジョンプロセッサ、およびストレージ間の複雑な相互作用について、さらにコヒーレンシと機能安全が難問解決の方程式の一部になったときにその方程式がどのように変わるのかについて説明します。

今日の自動車に自動運転機能を搭載することが急速に広まっているため、自動車用SoCの複雑さとスケーラビリティの範囲は拡大する一方です。この複雑さがあるため、インターコネクトを手作業で作成することは、ほとんど不可能になっています。このプレゼンテーションでは、高度な機械学習機能を活用して、人為的ミスに強い、構成と同時に修正可能なインターコネクト設計を構築する自動化ツールについて見解を述べます。

日時:2017年4月6日、午前10:10~午後12:10(太平洋夏時間)、セッション1

場所:ハイアットリージェンシー(カリフォルニア州サンタクララ)

4月3日までに、オンラインにてご登録ください:http://www.linleygroup.com/events/register.php?num=42

 

NetSpeed Systemsについて

NetSpeed Systemsは、モバイルから高性能コンピューティング/ネットワーキングに至るさまざまな市場のSoC設計者向けに、スケーラブルでコヒーレントなオンチップネットワークIPを提供しています。NetSpeedのオンチップネットワークプラットフォームは、システムレベルのアプローチ、ユーザ主導の高度な自動化、最新のアルゴリズムに基づいて、市場投入までの期間の大幅な短縮というメリットをもたらします。NetSpeed Systemsは2011年に設立され、半導体およびネットワーキング業界で経験を積んだ幹部が同社を率いています。同社は、シリコンバレーの一流投資家からの出資を受けています。カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、さらにアジアに研究開発施設があります。詳細については、http://www.netspeedsystems.com/jpをご覧ください。

# # #

NetSpeed、NocStudio、NetSpeed Gemini及びNetSpeed Systemsのロゴは、米国およびその他の国におけるNetSpeed Systems Inc.の商標または登録商標です。NetSpeed Systemsおよびその他の関係者が、ここで使用されているその他の条項に従って商標権を持つ場合もあります。

この原文リリース記事のURLはwww.netspeedsystems.comでご覧いただけます。

 

Press Contact:

Pauline Shulman

415-375-0303

pauline@pshulman.com

 

 

Request A Demo

ajaxloader

Crafted @ Lollypop.biz