NetSpeedのGemini IPを搭載したMIPS I6500 CPUサブシステムにより視覚アプリケーションに必要な高効率処理を実現

  • 5th 1 2017

ラスベガス、International CES – 2017年1月5日 – Imagination Technologies(IMG.L)とNetSpeed Systems Inc.は、カメラベースの先進運転支援システム(ADAS)におけるグローバルリーダーであるMobileyeが、NetSpeedのGeminiキャッシュコヒーレントインターコネクトIPを組み込んだ、コヒーレントな異種サブシステムで使用するImaginationのMIPS Warrior IクラスI6500 CPUのライセンスを取得したと発表しました。Mobileyeは、このテクノロジを同社の次世代EyeQ®5視覚ベースのシステムオンチップ(SoC)ファミリに組み込むことにしています。このファミリは、完全自動運転(FAD)車で、画像認識、ナビゲーション、および意思決定を行うために設計されたものです。

 Mobileye製チップは、世界の自動車メーカの大多数が採用しています。その視覚アクセラレータでは、深層ニューラルネットワークを働かせて、パスプランニングをリアルタイムに実行します。EyeQ®5 SoCは、高性能と低エネルギー消費を低コストで実現しますが、現行の第4世代EyeQ®4と比較して、性能が8倍に向上するものと期待されています。EyeQ®5では、毎秒15テラを超える演算が行われますが、消費電力は5 W未満に抑えられます。これにより、受動冷却で、比類のない高性能を達成することができます。

「自動運転は、さまざまな組み合わせの計算処理に依存しており、当社ではこれらの複雑な要件に対処できる専用アクセラレータの開発に10年以上を費やしてきました。」と、Mobileyeでエンジニアリング担当上席副社長を務めるElchanan Rushinek氏は述べています。「当社は、異種SoC設計のパイオニアとなった最初期の企業の1つとして、そのようなアクセラレータを開発するには高度なスキルと多大な努力が必要になることを理解しています。当社の最先端のEyeQ®5 SoC内では、MIPS I6500コアは、NetSpeedのGeminiキャッシュコヒーレントインターコネクトIPがサポートするMobileyeの視覚プロセッサとコヒーレントに結合されます。その結果として得られるソリューションのおかげで、非常に低い消費電力で、単一プロセッサ上で桁外れのコンピューティング能力が得られます。」

EyeQ®5システムでは、8個のMIPS I6500 CPUをMobileyeの次世代視覚プロセッサの18個のコアと組み合わせて使用します。NetSpeedのGeminiでは、異種I6500クラスタの一部として、コヒーレントなファブリックソリューションを提供します。このソリューションにより、設計者は処理クラスタのさまざまなオンチップ構成を混在させながらも、高いシステム効率を達成することができます。

「業界最先端の視覚ベースのSoCを作成するため、Geminiが、ADAS向けソリューション設計のパイオニアであるMobileyeによるImaginationのMIPS I6500と組み合わせて使用されており、大変喜ばしく思います。」と、NetSpeedのCEOであるSundari Mitraは述べています。「機械学習テクノロジを利用することで、システム全体を正確にモデル化して、最高のアプリケーション性能を発揮する能力があるため、NetSpeedのGeminiコヒーレントNoC IPは、ADAS市場にぴったりです。」

ImaginationのWarrior IクラスI6500 CPUは、CPUコアまたはCPUの集まりの最適化された構成をコヒーレントに実装できる高度にスケーラブルなソリューションを提供できるように設計されています。単一クラスタでは、設計者は電力消費を最適化し、スレッド数、キャッシュサイズ、周波数、そして電圧レベルまでもさまざまに組み合わせて各CPUを構成することができます。

「Mobileyeは、その革新的な視覚SoCで、ADASと自動運転技術における先駆者となっています。」と、ImaginationでMIPS Processor IP担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるJim Nicholas氏は述べています。「当社のMIPS I6500 CPUは、スケーラブルで異種のマルチコア設計について、新しい標準を確立しました。これは、EyeQ®5 SoCにとって理想的なソリューションを提供するものです。当社は、I6500のようなさらに革新的なIPソリューションを提供することに力を注いでおり、NetSpeedと緊密に連携して、Mobileyeなどのビジョナリーカンパニーにさらなる価値を提供しています。」

NetSpeed Systemsについて

NetSpeed Systemsは、モバイルから高性能コンピューティング/ネットワーキングに至るさまざまな市場のSoC設計者向けに、スケーラブルでコヒーレントなオンチップネットワークIPを提供しています。NetSpeedのオンチップネットワークプラットフォームは、システムレベルのアプローチ、ユーザ主導の高度な自動化、最新のアルゴリズムに基づいて、市場投入までの期間の大幅な短縮というメリットをもたらします。NetSpeed Systemsは2011年に設立され、半導体およびネットワーキング業界で経験を積んだ幹部が同社を率いています。同社は、シリコンバレーの一流投資家からの出資を受けています。カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、さらにアジアに研究開発施設があります。詳細については、http://www.netspeedsystems.com/jpをご覧ください。

Imagination Technologiesについて

Imaginationは、世界中の何十億もの人々の生活に関わる製品を提供している世界的なテクノロジリーダーです。同社の広範囲にわたるシリコンIP(インテレクチュアルプロパティ)には、あらゆるモバイル、コンシューマ、組み込みエレクトロニクスを動かすSoC(シリコンオンチップ)を製造するために必要な重要な処理ブロックが含まれています。その独自のマルチメディア、プロセッサ、および接続技術により、その顧客は高度に差別化された完全なSoCプラットフォームで製品を短期間で市場に投入できるようになります。Imaginationのライセンシーには、世界の大手半導体製造メーカ、ネットワーク通信事業者、OEM/ODMなど、世界で最も象徴的な製品を製造している企業の多くが含まれます。詳細については、www.imgtec.comをご覧ください。

 

Imagination Technologies’ Press Contacts:

UK: David Harold                      david.harold@imgtec.com         +44 (0)1923 260 511

USA: Jen Bernier-Santarini         jen.bernier@imgtec.com            +1 408-530-5178

NetSpeed Press Contact:

Pauline Shulman                        pauline@pshulman.com             +1 415-375-0303

Request A Demo

ajaxloader

Crafted @ Lollypop.biz