ネットスピードシステムズ社マーケティング副社長のAnush MohandassがLinley Processor Conferenceで講演

  • 6th 9 2016

カリフォルニア州サンノゼ市、2016年9月6日 ー ネットスピードシステムズ社は、本日同社のマーケティング副社長Anush Mohandassがカリフォルニア州サンタクララ市のHyatt Regencyで2016年7月26日~27日に開催されるLinley Processor Conferenceで講演する予定であると発表しました。

内容:Anush Mohandassが、SoCコネクティビティセッションで「コヒーレンシ:SoCの新常識」と題して講演します。Anushが、検証済みのキャッシュコヒーレントなインターコネクトを生成する最新機械学習アルゴリズムを使い、同一チップでCHIとACEをサポートした、高性能でヘテロジニアスなSoC設計向けのエンド・ツゥ・エンドで最新のコヒーレンシソルーションを紹介します。

今日のSoCは複数のCPUコア、コンピューティングクラスタ、複数のGPUやその他のコンピューティング資源及び専用アクセラレータが混在しています。
ヘテロジニアスな複数のプロセッサ間を効率的に通信させるのは手ごわい挑戦です。高性能で電力効率の良い共有メモリ通信と洗練されたオンチップのキャッシュコヒーレント・インターコネクトを使うのが通常のやり方です。この講演では、ネットスピード社のGeminiキャッシュコヒーレントNoC IPとPegasusラストレベルキャッシュIPを使ってこれまでより数倍の性能が引き出せるヘテロジニアスなアーキテクチャ設計をどのようにしてアーキテクチャ設計者が実現したかについて述べます。

日程:2016年9月27日 午後1:50-3:30am PDT、セッション4

場所:Hyatt Regency(カリフォルニア州サンタクララ市)

ンライン登録は9月22日まで。http://www.linleygroup.com/events/register.php?num=39

ネットスピードシステムズ社について

ネットスピードシステムズ社は、モバイルからハイパフォーマンス及びネットワーキングまでの幅広いアプリケーションをカバーした、スケーラブルでコヒーレントなOn-chipネットワークIPを提供しています。ネットスピード社のOn-chipネットワーク・プラットフォームは、システムレベルアプローチで高度なユーザ指向の自動化と確立されたアルゴリズムによって、出荷までの大幅な設計期間を短縮します。ネットスピードシステムズ社は、半導体とネットワーキング分野での経験豊かな経営陣により2011年に設立されました。シリコンバレーの一流の投資家が出資しています。本社はカリフォルニア州サンノゼ市で、アジアにも研究開発拠点があります。更なる情報につきましては、www.netspeedsystems.comを参照してください。

NetSpeed、NocStudio、NetSpeed Systemsのロゴは、米国およびその他の国におけるNetSpeed Systems Inc.の商標または登録商標です。NetSpeed Systemsおよびその他の関係者が、ここで使用されているその他の条項に従って商標権を持つ場合もあります。

 問い合わせ先:

Pauline Shulman

415-375-0303

pauline@pshulman.com

Request A Demo

ajaxloader

Crafted @ Lollypop.biz