NetSpeedが異機種混在SoC設計のパフォーマンスを飛躍的に向上させる、キャッシュコヒーレントなNoC IP、Gemini 3.0をリリース

  • 29th 9 2016

カリフォルニア州サンノゼ発(2016年9月29日)- NetSpeed Systems Inc.は本日、クラウドコンピューティング、車載、モバイル、IoTの各アプリケーションに対応する異機種混在マルチコアシステムオンチップ(SoC)設計のパフォーマンスを最大限に高める、キャッシュコヒーレントなネットワークオンチップIP、Gemini 3.0をリリースすることを発表しました。

人間のように物事を理解し、意思決定を行う機能は、今日のアプリケーションの多くに組み込まれています。先進運転支援システム(ADAS)などのアプリケーションは、物理的な現実環境を拡張した体験をユーザーにもたらすものであり、音声、動画、グラフィックス、GPSデータなどのコンピュータ処理による知覚入力を含みます。コンピュータビジョン、顔認識、音声認識、その他の機械学習ベースの機能など、これらのアプリケーションの基盤となる技術には、従来のマルチコアプロセッサプラットフォームで達成できるレベルを大きく上回る処理性能と電力効率が必要です。

The Linley Groupの首席アナリストであるLinley Gwennap氏は、次のように述べています。「プロセッサはターゲットアプリケーションのニーズを満たせるよう、ますます特化してきています。複雑なアプリケーション要件を満たすため、今日の多くのSoCには、CPUコア、コンピューティングクラスタ、GPU、その他のコンピューティングリソースや特殊アクセラレータの組み合わせが搭載されています。SoCがこれらの異機種混在設計のパフォーマンスを最大限に高めるためには、さまざまなコンポーネント間の通信を最適化し、メモリやその他の重要リソースの共有を調停する、Geminiのような堅牢なオンチップネットワークが必要です。」

NetSpeedのマーケティング・ビジネス開発部門副社長、Anush Mohandassは次のように述べています。「Gemini 3.0は、異機種混在システムアーキテクチャの複雑さの解決と商機の獲得の実現に特化した、次世代システムオンチップ(SoC)インターコネクトプラットフォームです。Geminiを導入することでSoCアーキテクチャ設計者は、10倍以上のパフォーマンス向上を妥当なパワーエンベロープの範囲内で実現する設計を実装できます。これは、従来のマルチコア設計では実現できません。」

AMDの元CTOであり、現在はNetSpeedの取締役を務める、業界古参のFred Weberは次のように述べています。「従来のSoC設計アプローチでは、IPブロックとインターコネクトを備えたシステムを設計し、設計に関する決定がほぼすべて終わった開発プロセスの後期段階になってから、そのシステムをシミュレーションします。これは基本的に、コストと時間がかかるだけでなく、高リスクも伴う試行錯誤のアプローチです。一方のGeminiでは、システムアーキテクチャ設計者は、開発プロセスの早期段階にモデリングとシミュレーションを実行し、その後で統合を開始することが可能です。NetSpeedの機械学習機能は、さまざまなモデルやアーキテクチャオプションをすばやく評価して、システムレベルのパフォーマンスに関する正確な予測を、プロセスの開始時点でシステムアーキテクチャ設計者に提示します。」

Geminiは、機械学習を使用してシステム全体を正確にモデリングすることによって最良のアプリケーションパフォーマンスを実現する、唯一のSoCインターコネクトソリューションです。これに対して、従来のアプローチでは各サブシステムを個別に最適化する傾向があるため、それがボトルネックになり、ワーストケース条件に対処するためにシステムが過剰設計される可能性がありました。Geminiは、高度なネットワーキングアルゴリズムを使用することによって、デッドロックがなく、ユースケースにとらわれずクオリティオブサービス(QoS)を実現する、キャッシュコヒーレントなSoCインターコネクトをすばやく作成します。これによりOEMは、堅牢な異機種混在SoCを容易かつコスト効率よく組み立て、高度で複雑なアプリケーションに必要なパフォーマンスを実現できるようになります。

Gemini 3.0は、かつてないレベルのコンフィグラビリティを特長としており、IPインターフェイスからルータ、トポロジ、インターフェイスリンクにいたるまで、インターコネクトのあらゆるコンポーネントをカスタマイズすることが可能です。

  • Gemini 3.0は、ARM® AMBA® 5 CHI(コヒーレントハブインターフェイス)とARM AMBA 4 AXIコヒーレンシエクステンション(ACE)の両方のオンチップインターコネクト規格を単一の設計でサポートし、パフォーマンスの飛躍的な向上を可能にするブロードキャストとマルチキャストに対応。
  • 最大64個の完全なキャッシュコヒーレンシを備えたCPUクラスタ、GPUブロック、その他のコヒーレントコンピューティングブロックと、最大200個のI/Oコヒーレントおよび非コヒーレントのエージェントをサポート。
  • キャッシュコヒーレント、I/Oコヒーレント、非コヒーレントの各トラフィックに単一のSoCインターコネクト設計プラットフォームで対応。
  • 統合型DMA、オンチップRAM、Last Level Cache(LLC)IPなど、実行時に構成が可能な独自のシステムレベル最適化機能を提供。

 

NetSpeedを支持する声:

ARM 

ARMのワールドワイドマーケティング/戦略提携部門担当副社長Ian Ferguson氏は次のように述べています。「当社は、強力なエコシステムを通じて競争力のあるさまざまなオプションをパートナー各社に提供するよう取り組んでおり、NetSpeedのGemini 3.0はこのアプローチのもう1つの例です。NetSpeedのキャッシュコヒーレントなインターコネクトGeminiは、ARM AMBA 4 AXIコヒーレンシエクステンション(ACE)とAMBA 5コヒーレントハブインターフェイス(CHI)の両規格をサポートし、異機種混在SoCプラットフォームの開発を可能にします。」

Imagination TechnologiesLSEIMG.L): 

Imagination Technologiesのアーキテクチャ設計者であり、Heterogeneous System Architecture(HSA)Foundationの主要貢献者の1人であるJames Aldis氏は、次のように述べています。「異機種混在プロセッシングは、幅広いアプリケーションに対応する主要実現技術であり、ImaginationのIPは、異機種混在SoCにおいて広く利用されています。今日の高度なマルチコア/マルチクラスタSoC設計では、チップ設計者は、複数ソースからのさまざまなIPの統合と相互接続に伴う極めて複雑な作業に直面しています。HSAやその他の新しい異機種混在コンピューティングパラダイムの要求事項を満たすよう設計されているNetSpeedのGeminiは、この作業を簡略化し、統合の高速化と簡略化を実現しています。」

Intel CorporationNASDAQINTC):

Intelのプラットフォームエンジニアリンググループ担当副社長兼ゼネラルマネージャであるAmir Faintuch氏は、次のように述べています。「世界がつながりを強める中、高度に複雑なSoCの設計品質を確保することは、Intelにとって非常に重要な課題となっています。Gemini 3.0は、優れたコンフィグラビリティとプログラマビリティを提供するので、SoCアーキテクチャ設計者はキャッシュコヒーレンシを採用すると同時に、構成と同時に修正が可能な設計を確実に行えるようになります。」 

Cadence Design SystemsNASDAQCDNS):

Cadence Design Systemsのマーケティング/ビジネス開発部門担当上級副社長Nimish Modi氏は次のように述べています。「キャッシュコヒーレンシは、次世代SoC設計において異機種混在システムアーキテクチャに欠かせない存在となってきています。こうした中、NetSpeedのようなエコシステムパートナーが革新的なソリューションを市場に投入し続けていることは大変喜ばしい限りです。Gemini 3.0などのソリューションをCadenceの包括的なツールおよび設計IPソリューションと統合することで、SoCアーキテクチャ設計者はパフォーマンスを最適化すると同時に、設計の市場投入までの期間を大幅に短縮できます。」

 

ネットスピードシステムズ社について:

ネットスピードシステムズ社は、モバイルからハイパフォーマンス及びネットワーキングまでの幅広いアプリケーションをカバーした、スケーラブルでコヒーレントなOn-chipネットワークIPを提供しています。ネットスピード社のOn-chipネットワーク・プラットフォームは、システムレベルアプローチで高度なユーザ指向の自動化と確立されたアルゴリズムによって、出荷までの大幅な設計期間を短縮します。ネットスピードシステムズ社は、半導体とネットワーキング分野での経験豊かな経営陣により2011年に設立されました。シリコンバレーの一流の投資家が出資しています。本社はカリフォルニア州サンノゼ市で、アジアにも研究開発拠点があります。更なる情報につきましては、www.netspeedsystems.comを参照してください。

###

NetSpeed、NocStudio、NetSpeed Systemsのロゴは、米国およびその他の国におけるNetSpeed Systems Inc.の商標または登録商標です。NetSpeed Systemsおよびその他の関係者が、ここで使用されているその他の条項に従って商標権を持つ場合もあります。

この原文リリース記事のURLはwww.netspeedsystems.comでご覧いただけます。

 

Press Contact:

Pauline Shulman

415-375-0303

pauline@pshulman.com

Request A Demo

ajaxloader

Crafted @ Lollypop.biz