NetSpeedが業界初の完全にコンフィグラブルなキャッシュ・コヒーレントなネットワークオンチップを発表

  • SAN JOSE, CALIFORNIA (PRWEB), 6th 10 2015

カリフォルニア州サンノゼ発 -- 2015106 ― SoC設計を合理化するオンチップ・ネットワークのサプライヤーであるネットスピードシステムズ社は、業界初の完全にコンフィグラブルなキャッシュ・コヒーレントなネットワークオンチップIPGemini 2.0を発表しました。この新しいリリースでは多くの最新の機能がつけ加えられており、SoCを設計するアーキテクチャ設計者がアプリケーションに特化した高度に最適化されたインターコネクトを、より早くより簡単に作成することができます。

 「次世代SoC設計に於ける主な問題点は、演算クラスタの爆発的な増加と超低レイテンシ・メモリアクセスです。Gemini.0は、革新的なキャッシュ・コヒーレント設計で更なる性能を絞り出さなければいけない会社のニーズに応えます。」とネットスピードシステムズ社のCEOSundari Mitra氏は述べています。Geminiは、他のどのようなコヒーレンシ・ソリューションよりすっとパフォーマンスが良くて低消費電力で小面積が達成できるコンフィグラビリティを提供しています。

「これまではコヒーレントシステムを構成するのに、特殊な技能を持った少数のSoCエンジニアしかいませんでした。しかしながら、ネットスピード社はインターコネクトを高性能でしかも正しく機能しデッドロックフリーな設計を確実なものとするアルゴリズムと自動化を使った、コヒーレントシステム内のキャッシュを構築するための障害回復機能を持つ洗練された方法を開発しました。」と前AMDCTOでネットスピード社のボードメンバーであるFred Weberは述べています。 

Gemini2.0は、SoCの多種多様なアプリケーションに対応した効率の良いキャッシュ・コヒーレントなインターコネクトを構築するための開発プラットホームです。アーキテクチャ設計者が抽象度の高いレベルで作業を可能とする要求指向の設計アプローチ(requirements-driven design approach)を取っています。(後略)

 

NetSpeed Gemini 2.0に新機能が追加され、特定アプリケ―ションで高度に最適化されたインターコネクトソリューションが構成可能となり、設計者は迅速で簡単にSoCが設計でできるようになりました。

次世代SoC設計の大きな課題として、計算クラスタの爆発的な増大と超低レイテンシのメモリアクセスが挙げられます。Geminiは、性能を更に引き出すための革新的なキャッシュコヒーレント設計を必要とするメーカーのニーズを満たします。

Request A Demo

ajaxloader

Crafted @ Lollypop.biz