NetSpeed Geminiがキャッシュを追加

  • Loyd Case, 13th 10 2015

Loyd Case(2015年10月13日) ー NetSpeedは、よりコンフィグラブルで最終レベルのキャッシュオプションを追加した、第2世代のGeminiコヒーレントネットワークオンチップIPを発表しました。新しいバージョンにより、複数のIPクラスタにわたってコヒーレンシを必要とする複雑なSoCの全体的な納期を短縮できます。Geminiの新しいイタレーションの一部であるPegasusは、柔軟性のある最終レベルのキャッシュであり、SoC開発者はこれを組み込むことにより、設計における性能を向上できます。

Geminiの新しいバージョンでは、その構成機能が大幅に向上しているため、設計が容易になり、よりきめ細やかな制御が可能になります。レイテンシを改善するために、個々のアプリケーションカスタマイズが可能です。フロアプランオプションは、インターコネクトの混雑を最小限に抑えます。消費電力分割のカスタマイズによって、より有効なパワーゲーティングが可能になります。

Pegasusキャッシュは、コンフィグラブルなIPブロックであり、Geminiツールにネイティブに統合されます。顧客は、キャッシュ容量、バンキング、結合性、内部パワーゲーティング、および割り当てポリシーを構成できます。Pegasusのキャッシュ容量には、論理的な限界がありません。一部の既存の設計では32MBを使用しています。SoCには、複数のPegasusモジュールを含めることができます。限界は、NocStudioのコヒーレントエージェントの全体的な限界が256であるということだけです。結合性は、実践的な限界を上回る、最大128通りです。

新しいGeminiは、コヒーレントなインターコネクトファブリックを生成するための機能が組み込まれた唯一のIPソリューションであるだけでなく、設計イタレーションの短縮と、設計の柔軟性向上を可能にします。コヒーレントなシステムの複雑な特性を考えると、コヒーレントなシステムの短期開発を必要としている顧客は、Geminiを利用して、市場投入までの期間を短縮できます。

記事全文:http://www.linleygroup.com/newsletters/newsletter_detail.php?num=5404

Request A Demo

ajaxloader

Crafted @ Lollypop.biz