NetSpeed Systemsが一流投資家からの資金調達により、SoCの技術革新を促進

  • 4th 11 2014

カリフォルニア州サンノゼ(2014年11月4日)ー SoC設計に変革をもたらすオンチップネットワークIPのサプライヤであるNetSpeed Systems Inc.は本日、Walden-Riverwood VenturesおよびIntel Capitalからの投資でシリーズBの資金調達が完了したと発表しました。NetSpeedはこの資金を利用して、世界中で急成長するコミュニティとユーザベースを拡大およびサポートし、そのシステムオンチップ(SoC)設計プラットフォームと高度なオンチップネットワークインテレクチュアルプロパティ(IP)コアのための製品開発にさらに投資します。

NetSpeedの製品は、チップの設計および開発を簡素化し、コストを低減します。携帯電話からサーモスタット、自動車から電子看板まで、電力効率の高い微細なチップは、新しいデジタル経済の隠れた推進力です。システムオンチップまたはSoCと総称されるこれらのチップへの需要は急増していますが、このような需要の高まりを受けて、開発サイクルの短縮や、より特殊な新製品を頻繁に開発することへのプレッシャーが高まっています。デバイスの製造メーカはますますIPコアに依存しています。これは、他社からライセンスを取得できるロジック、セル、またはチップのレイアウト設計の再利用可能なユニットであり、高度なアプリケーションに必要な機能を迅速に提供できます。

「チップレベルの技術革新にとって、多くの供給元からのIPを迅速かつ簡単に統合できる機能は重要です。」と、大手投資会社Walden-Riverwood Venturesの共同設立者Lip Bu Tan氏は述べています。Tan氏は先ごろ、NetSpeedの取締役会長を引き受けました。

「NetSpeedはきわめて革新的な方法で、SoC設計の最も困難な課題に取り組んでいます。NetSpeedは、機械学習と高度なネットワーキングアルゴリズムを高度に自動化された方法で使用して、先進企業が必要とするようなスケーラブルで構成と同時に修正できるSoC設計プラットフォームを提供しています。」と、Tan氏は述べています。

NetSpeedは、SoCアーキテクト設計者がきわめて微細で高速な、電力効率の高い設計を、通常の所要時間の何分の1かで設計、構成、およびシミュレーションできるようにするオンチップネットワーキングソリューションを開発しました。

「SoC製品がますます高度になり、消費電力/性能の要件が厳しくなっているため、業界全体でオンチップインターコネクトテクノロジへの需要が高まっています。ネットワークオンチップファブリックテクノロジは、高まるSoCへのニーズに遅れずについていく必要があります。」と、Intelの法人部門担当副社長であり、製品開発グループのジェネラルマネージャでもあるRani Borkar氏は述べています。Intel Capital investmentは、役員のDave Johnsonが指揮をとっていました。

NetSpeedは驚異的な成長を遂げており、世界各地に事業を拡大して、その製品が世界でも‏有数の顧客に採用されています。「NetSpeedではこの状況に沸き立っています。市場は当社の製品に大きな興味を示しています。一流投資家や大手のお客様からのこれらの投資を利用して、当社の製品をさらに検証し、SoCの開発方法に変革をもたらすための当社のビジョンを実現したいと思います。」と、NetSpeedの共同設立者であり、CEOを務めるSundari Mitraは述べています。

NetSpeedの高度なオンチップネットワークIPコアであるOrionは、スケーラブルで高性能のオンチップネットワークソリューションを提供します。そのGemini製品は、業界初の高性能でスケーラブルなコヒーレントオンチップネットワークIPソリューションです。Geminiは、キャッシュコヒーレント、I/Oコヒーレント、非コヒーレントという、3レベルのコヒーレントトラフィックをすべて1つのオンチップネットワークでサポートします。NetSpeedのIPコアは、アーキテクチャ探索プラットフォームであり設計コンパイラでも‏‏‏‏ある、NocStudioを使用して構成および最適化されます。NocStudioは、最も効率のよいトポロジの決定から、オンチップネットワークチャネルおよびバッファの自動最適化、システムレベルのユーザ仕様に合わせた配線まで、SoCインターコネクトの設計で新たなレベルの自動化を実現します。

Walden-Riverwood Venturesについて

Walden-Riverwood Venturesは、成功したベンチャーキャピタル会社のであるWalden InternationalとRiverwood Capitalの2社間で結ばれたパートナーシップです。Walden Internationalは国際的な大手ベンチャーキャピタル会社であり、1987年以降、国境を超えたITのビジネスチャンスをつかもうとしている投資家に、アジア全域にわたる比類のないネットワークのメリットを提供してきました。会社の総資金は、受託資本で20億ドルを超えています。Riverwood Capitalは、世界的な展開に重点を置いた株式未公開企業であり、さまざまなレベルや地域にわたってテクノロジおよびサービス業界の高成長企業に投資しています。

Intel Capitalについて

Intelの国際的な投資およびM&A組織であるIntel Capitalは、世界中の革新的なテクノロジ新興企業および既存の企業に株式投資を行っています。Intel Capitalは、エンタープライズ、モビリティ、コンシューマ向けインターネット、デジタルメディア、半導体製造市場に照準を合わせたハードウェア、ソフトウェア、およびサービスを提供するさまざまな企業に投資しています。Intel Capitalは1991年以降、57か国の1,400社を超える企業に約110億ドル以上の資金を投資してきました。その期間に、ポートフォリオ企業209社が世界中のさまざまな取引所で上場を果たし、買収された会社または合併した会社は363社に上ります。Intel Capitalは2013年に、146件の投資案件に3億3,300万米国ドルを投資し、資金の約49%は北米域外への投資でした。Intel Capitalとその差別化要因の詳細については、http://www.intelcapital.com 又は follow@Intelcapitalをご覧ください。

NetSpeed Systemsについて

NetSpeed Systemsは、モバイルから高性能コンピューティング/ネットワーキングに至るさまざまな市場のSoC設計者向けに、スケーラブルでコヒーレントなオンチップネットワークIPを提供しています。NetSpeedのオンチップネットワークプラットフォームは、システムレベルのアプローチ、ユーザ主導の高度な自動化、最新のアルゴリズムに基づいて、市場投入までの期間の大幅な短縮というメリットをもたらします。NetSpeed Systemsは2011年に設立され、半導体およびネットワーキング業界で経験を積んだ幹部が同社を率いています。同社は、シリコンバレーの一流投資家からの出資を受けています。カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、さらにアジアに研究開発施設があります。詳細については、http://www.netspeedsystems.comをご覧ください。

Request A Demo

ajaxloader

Crafted @ Lollypop.biz