NetSpeed Systemsが拡張されたARMライセンスで、次世代のキャッシュコヒーレンシをエンタープライズ市場で実現

  • SAN JOSE, CALIFORNIA (PRWEB), 3rd 12 2014

カリフォルニア州サンノゼ発(PRWEB)(2014年12月3日) ー SoC設計に変革をもたらすオンチップネットワークIPのサプライヤであるNetSpeed Systems Inc.は本日、Geminiを提供するためにARM® AMBA® 5 CHI(コヒーレンスハブインターフェイス)仕様のライセンスを取得したと発表しました。Geminiは、NetSpeedのエンタープライズ市場向けの次世代キャッシュコヒーレントオンチップネットワーク半導体IPです。

AMBA仕様の最新世代であるAMBA 5 CHIは、エンタープライズネットワーキングやサーバアプリケーションに必要な高性能で高度にスケーラブルなシステムオンチップ(SoC)テクノロジを可能にするよう設計されています。この仕様は、ARM Cortex®-A57コアやCortex-A53コアなどの完全にコヒーレントなプロセッサ、およびARM CoreLink®やDMC-520などの動的メモリコントローラを、CoreLink CCNやNetSpeed Geminiなどの高性能インターコネクトに接続するためのインターフェイスを定義します。AMBA 5 CHIアーキテクチャ仕様により、これらのコンポーネントを高性能のコヒーレント処理ハブで連動させ、エンタープライズ市場で一般的に求められる高いデータ速度を達成します。

ARMエコシステムにおいて既に有力な企業となっているNetSpeedは現在、ARMのAMBA 4 ACE(AXI Coherency Extensions)アーキテクチャを使用して、その実績あるGeminiソリューションを顧客に提供しています。GeminiはARMのCoreLink CCIおよびCCNファミリーと同様に、あらゆる規模のコヒーレントなインターコネクトシステムを構築するための、完全にキャッシュコヒーレントで高性能のオンチップネットワークIPを提供します。Geminiは、マルチコアおよびマルチクラスタSoCシステムにおけるスケーラビリティの問題を、ディレクトリベースの革新的なアプローチで解決します。Geminiを使用すると、完全なキャッシュコヒーレンシを備えたCPUクラスタやGPUブロックなど、最小1個から最大64個までのコヒーレントなコンピューティングブロックを接続することが可能になるほか、最小1個から最大200個までのI/Oコヒーレントエージェントと非コヒーレントエージェントも接続できます。AMBA 5 CHIライセンスの取得により、NetSpeed Geminiはエンタープライズ市場の次世代SoC製品に、スケーラブルなコヒーレンシソリューションを提供します。

「ARMエコシステムは、エンタープライズネットワーキングの未来を明確にし、さまざまな性能の観点にわたって業界屈指のエネルギー効率を誇るソリューションを提供しています。1つのサイズがすべてに適しているわけではありません。Netspeedのような大切なパートナーと早期に契約を結び、より広いコミュニティで協力することにより、ARMはお客様が主要なビルディングブロックの広範囲の選択肢を手にして、AMBA 5 CHIプロトコルを実装したSoCの配備を迅速化できるよう力を注いでいます。」と、ARMの部門別マーケティング担当副社長Ian Ferguson氏は述べています。

「NetSpeed Geminiと強力なARMプロセッサが結合することで、エンタープライズネットワーキングおよび高性能コンピューティング分野でお客様にすばらしいオプションが提供されます。当社はARMコネクティッドコミュニティへの参加によって、ARMから強力なサポートを受けられることに感謝します。そしてこれは、互いのお客様に大きなメリットをもたらします。」と、NetSpeedの共同設立者であり、CEOを務めるSundari Mitraは述べています。

Geminiについて

Geminiは、高性能でスケーラブル、そしてキャッシュコヒーレントなオンチップネットワークIPソリューションです。キャッシュコヒーレント、I/Oコヒーレント、非コヒーレントという、3レベルのコヒーレントトラフィックをすべて1つのオンチップネットワークでサポートします。Geminiは、規模の大小にかかわらずSoC設計に完全なキャッシュコヒーレンシを提供します。Geminiにより、モバイル、ネットワーキング、エンタープライズコンピューティングなどのさまざまな市場のSoC設計者は、性能と市場投入までの期間の点で多大なメリットを享受できるようになります。

NetSpeed Systemsについて

NetSpeed Systemsは、モバイルから高性能コンピューティング/ネットワーキングに至るさまざまな市場のSoC設計者向けに、スケーラブルでコヒーレントなオンチップネットワークIPを提供しています。NetSpeedのオンチップネットワークプラットフォームは、システムレベルのアプローチ、ユーザ主導の高度な自動化、最新のアルゴリズムに基づいて、市場投入までの期間の大幅な短縮というメリットをもたらします。NetSpeed Systemsは2011年に設立され、半導体およびネットワーキング業界で経験を積んだ幹部が同社を率いています。同社は、シリコンバレーの一流投資家からの出資を受けています。カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、さらにアジアに研究開発施設があります。詳細については、http://www.netspeedsystems.comをご覧ください。

# # #

NetSpeed、NocStudio、NetSpeed Systemsのロゴは、米国およびその他の国におけるNetSpeed Systems Inc.の商標または登録商標です。NetSpeed Systemsおよびその他の関係者が、ここで使用されているその他の条項に従って商標権を持つ場合もあります。 このリリースのURLには、http://www.netspeedsystems.comからアクセスしてください。

Geminiは、あらゆる規模のキャッシュコヒーレントインターコネクトシステムを構築するための、完全にキャッシュコヒーレントで高性能のオンチップネットワークIPを提供します。

「当社は、SoCインフラストラクチャの複雑さを、IPレベルだけでは有効に解決できなくなったという見解に達しました。代わりに、新しい設計およびプランニング方法を使用する必要があります。」と、NetSpeedの共同設立者でありCEOを務めるSundari Mitraは述べています。.

Request A Demo

ajaxloader

Crafted @ Lollypop.biz