機能安全:生き方

  • By Rajesh Ramanujam
  • 22nd 2 2018

休暇によって活力を取り戻し、また忙しい毎日が始まりました。これは余分なことかもしれませんが、私は瞑想的ヨガをやっています。そして、ようやく自分を発見したように思います。半分冗談ですが、これはこのブログのテーマにつながっています。

新しい年がもたらすあらゆる課題と取り組む中で、私は精神、肉体、魂の完全な調和を実現するための一体的アプローチに注目するマインドフルネスと瞑想的ヨガにはまっています。

同様に、半導体およびIP企業のプロセスの重要な部分である機能安全は、人、プロセス、製品間の調和によって大きく向上します。小さい部分に分けて考えることにより一部の概念を把握しやすくなりますが、効果的なアプローチは、すべてをまとめて、社内で健全な文化を育むものです。私は、思考し、過去の経験から得た慣行や知識を意識的に適用する精神/知性として人々を見なします。プロセスは、肉体のようなもので、構造、フロー、それらに従って進歩する能力を提供します。最後に、製品は魂のようなもので、洗練され完成される必要のある究極的な目標です。

従来の考え方に潜在する危険は、これら3つをそれぞれ分離して考える文化を育むことです。また、複雑なマシンが人間の職務を実行するこの新時代は、伝統的技法ではなく新しい方法でそれらのマシンを構築する差し迫った必要性をもたらします。自動車業界のTier1の顧客とのやり取りから、全体的機能安全の構築が可能であり、必要であることがわかりました。

 

トップダウンとアドオンの安全機能の比較:アドオン機能/パッケージとしての安全機能の危険性

人間の富と反映の探求と、優れた機能性を備えた製品を構築するという半導体IP企業の使命はよく似ています。つまり、どちらも何があっても集中したい主な焦点となります。半導体の製造では、初期のエネルギーは機能性に費やされ、安全性はアドオンになってしまいます。プロセス全体の継子のようなものです。パフォーマンスとチップ面積の低下はさておき、これは達成可能な機能安全度水準に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。冗長法は、チップ面積に2倍の影響をもたらすだけではなく、製品が意図された目的を果たさず、競合を下回るほど、パフォーマンスとパワーに打撃が及びます。設計アプローチと確認アプローチでは、どちらもこのことを考慮する必要があります。

これらの影響は、製品の計画不足、機能安全面を先送りして機能中心にチームが形成されている不十分な構成などのために、系統的な面でも発生する可能性があります。また、安全機能を棚上げすることによるハードウェアのランダムフォルト時にも発生する可能性があります。これにより機能が損なわれるだけではなく、設計の状態空間全体の増大に直接つながります。そのため、ランダムフォルトによって設計が損なわれる機会が増えます。

したがって、プロジェクト計画とIP開発の両方の視点から安全が一級市民と見なされるようにする必要があります。それらの相互作用を理解することにより、相互依存を最小限に抑えるために、各FuSa機能は、他の機能とともに慎重に計画する必要があります。これにより、機能安全が確認しやすく完全なものになるだけではなく、最高レベルの安全による妥協のないチップ面積/パフォーマンスという付加的利益が実現されます。


社内の専門家

最も重要な回答は社内から得られる場合があるため、第2の基盤は、社内に専門家を置くことです。特定のトピックに関するサポートを得るために、他のコンサルタントにたらいまわしにされることにうんざりしている顧客は、ベンダーがすべての局面を理解し、そのIPに関するすべてのトピックのサポートを迅速に提供してくれることを望んでいます。機能安全のためのEDA製品は確かに進歩しています。しかし、EDA製品に依存するようにならないよう注意する必要があります。一部のIPベンダーは、FuSa設計の一部および検証プロセスとその技法を外部委託するアプローチをとっています。社内に専門家を置くことのメリットの良い例は、フォルトインジェクションおよびFMEDA分析の分野です。この分野では、技法はテクノロジと機能に緊密に統合されています。顧客の立場からは、分散したサポートを得るために奔走するのではなく、1人の専門家とやり取りすることが望まれます。サードパーティのEDAツールは、社内の専門家を補強できますが、専門家に代わることはできません。

NetSpeedが前面に押し出すことを決定した主要な側面の1つは、最小限のリスクで最適な製品を作るためだけではなく、カスタマーサポートの時間を最小限に保つために専門家を社内に置くことです。この決定は、顧客の希望に対応して彼らの心をつかむこと、および設計において大きな効果がありました。.

一にも二にもコンフィギュラビリティ

パズルの最後のピースは構成可能性、およびターゲット環境への適合です。今日の業界では、程度の差はありますが、製品/IPのほとんどが構成可能です。IPベンダーはSoCチームをサポートし、その安全環境にIPを統合しやすくする必要があります。これは、このことを念頭に置いたIP開発の基本です。幸せの探求においては、これはさまざまな人生の状況や環境に簡単に順応できることと似ています。

構成可能性は、機能に限定されないだけではなく、機能安全設計および確認プロセスにも限定されません。これらのプロセスでは、それが適合可能なさまざまな構成およびSoC環境も説明する必要があります。複雑なIPの構成可能な部分を構築して、顧客に手渡し、その負担を負わせても、最終的には誰のためにもなりません。

FMEDAの構築は骨の折れる作業であり、IPを購入したがその専門知識は持ち合わせていないために、そのIPのFMEDAの構築専門に何十人ものエンジニアを擁することは、時間面でも金銭面でも高くつきます。IPベンダーはIPの内部について顧客よりもよく知っています。サードパーティベンダーとしての当社の仕事は、顧客の環境への統合を簡単かつシームレスにすることです。誰にでも合う「フリーサイズ」の対策はありません。FMEDAやフォルトインジェクションなどの側面は、ターゲット要件に基づいて構成可能である必要があります。IPベンダーの多くは、顧客が独自の構成に合わせて解明することを期待して一部のハードコード構成の詳細を顧客に提供するという安易な方法を選択しています。複雑さを増すチップの数が増える中で数百のIPを扱う必要のある顧客には、このアプローチは効果がありません。そのため、IPとともに、これらのすべてのコンポーネントを構成可能にして、顧客固有の環境で顧客をサポートすることが非常に重要になります。

Request A Demo

ajaxloader

Crafted @ Lollypop.biz